治療方針

ベルペットクリニックの治療方針とは...

一般的な動物病院はヒトの病院のように、内科・外科・皮膚科...などと診療科目は分けられておらず、全診療科目を一手に担っています。

それぞれの獣医師によって、得意分野や不得意分野があるのも特色かもしれません。

当院では、IC(インフォームドコンセント)の上で飼主様の納得のいく検査と治療を重視しています。

1次診療施設としてベストを尽くして診療にあたらさせていただきますが、より高度な治療や検査が必要だと獣医師が判断した場合には、飼主さまに積極的にそれらの検査内容や治療の可能性をお話し、一緒になってできる限りの治療プランを2次診療施設と連携してご提供いたします。

そのためには、物言わぬペットのために飼主様の協力が必要不可欠です。診察にも時間を要することがありますので、お時間には余裕を持ってご来院ください。

診察にあたってのお願い...

獣医師と飼主様との協力なくしては治療は成功しないといっても過言ではありません。

ペットたちは自ら症状を行動では表しても、語り掛けてはくれません。獣医師から飼主様への問診が、次に行うべき検査への重要な要素となります。

ペットの治療には時に多くの費用がかかります。しかし、細かな問診で不要な検査をせずに治療コストを減らせれる可能性もあります。

そして診察や検査の結果に基づいて、獣医師はいくつか飼主様に治療プランを提案します。どうしようか悩むこともあるでしょう。獣医師にお任せ...なんて飼主さまも多くいらっしゃいます。

でも一緒に悩んでください。それでも獣医師に最終決定を託すならば、それも問題ありません。獣医師は、「もし自分のパートナーだったら...」に基づいてアドバイスします。

また、院長獣医師は開院当初よりウサギの診療にも力を入れており、地域の動物病院様からのご紹介も多くいただいております。

ウサギはナイーブで臆病な動物です。落ち着かずに無駄吠えをしてしまうペットたちは、外待合や車中でのご待機などお気遣いいただけますと幸いです。